小笠原諸島

独自の進化を遂げた固有種の宝庫「東洋のガラパゴス」

概要

登録年は2011年。日本国内4番目の自然遺産としての登録。
東京の南約1000km離れた太平洋上にある島々。世界遺産登録面積は7,939ha。
大陸と陸続きになった歴史が無く、島への流入経路が限られた為、独自な生態系が構成されている。
中でも陸産貝類や植物層は固有種率が高く、現在でも新種が発見されている。
観光では、豊かな海を活かしたダイビングやホエールウォッチングなどの体験が出来る。

 

見どころ

南島

父島の南西にある無人島です。ガイド付きのツアーに申し込まないと上陸できないうえに、一日100人までの入島制限付きです。
しかし、一度上陸するとそこには・・・沈水カルスト地形の美しい地形、真っ白な砂浜の絶景が広がります。

 

中山峠

海に浮かぶ島々と小湊海岸の美しい海を見下ろせる絶景スポットです。小湊海岸から遊歩道を20〜30分歩きますが、歩く価値はあると思います!

 

ジニービーチ

父島にある陸路では訪れることが出来ないビーチ。シーカヤックやボートで訪れます。
日本国内とは思えない透き通った海と白い砂浜の絶景が広がります!息を呑むほどの美しさです。

 

ホエールウォッチング
<※イメージ画像>

洋上からマッコウクジラやザトウクジラ、イルカなど時期によって様々な種類に遭遇出来ます。必ず見れるという保証はないですが、日本国内でこれほど高確率でイルカやクジラに遭遇できる所は他にないのでは?出会ったイルカと一緒に泳げるツアーなどもあります!

 

ウエザーステーション展望台

三日月山にある水平線に沈んでゆく美しい夕日を眺められるスポットです。
さらに、ここは太陽が沈む直前に一瞬だけ緑に輝く「グリーンフラッシュ」という現象がみられることでも有名です。
運がよければ非常に珍しい「グリーンフラッシュ」に遭遇できるかも!!
ちなみに、日中は陸上でホエールウォッチングがポイントでもあります!

 

名産品・お土産

硫黄島唐辛子
硫黄島に自生しているキダチトウガラシという激辛の唐辛子。なんでもハバネロより辛く、その辛さは世界一とか。
この唐辛子を使った激辛ラー油なども販売されています!激辛好きの方にはたまらないのではないでしょうか?

 

島はちみつ
固有の植物が多く自生する小笠原諸島。その貴重な花々の密が濃縮したご当地はちみつ。
一味違ったその味わいをあなたも一度味わってみては?

 

小笠原の塩
小笠原の透き通った海水を使い、6つの釜を使う「登釜製塩法」で仕上げた自然塩。
口にして目を閉じれば・・・小笠原の風景が浮かぶかも?